鳥類学は、あなたのお役に立てますか?

鳥類学は、あなたのお役に立てますか?
川上 和人/著

字が小さくて詰まってて文字数多い。文章に余計なひと言を付け加えなければもっと読みやすい本になったかも(笑)
でも、そこが面白い!川上節は健在。世代が近いのでネタがドンピシャ!!
最後のティンカーベルや絶滅の話しは、ジャイアン効果で心に染みた。

ハサン中田考のマンガでわかるイスラーム入門

ハサン中田考のマンガでわかるイスラーム入門
中田 考/著,天川 まなる/著

「マンガでわかる」の形式は、マンガで概要⇒文章で詳述の順では?
この本は文章の説明⇒マンガで補足になっていてマンガ部分必要?って感じ。
内容は超入門。女性の扱いや原理主義の部分は議論を避けたかなという印象。
経典の民(ユダヤ教徒キリスト教徒)との関係はうまく書けてると思う。

Ank:a mirroring ape

Ank:a mirroring ape
佐藤 究/著

劇場版のパニック映画を明るい部屋でテレビで見ているような……筋も描写も面白いのに、臨場感に欠ける感じ。
時系列を前後させて情報を小出しにしていく(映像でいえばカットが多い)手法のせいか?
内容は。ザ・モダンホラー/サスペンス

星系出雲の兵站-遠征-(4)

星系出雲の兵站-遠征-(4)
林 譲治/著

こちらが索敵をしてるということはあちらも……。風呂敷を畳む情報を明らかにしつつ、
最後に植民惑星が直接攻撃される。対岸の火事でなくなった次の一手は?
次巻で完結するんかいな

テスカトリポカ

テスカトリポカ
佐藤 究/著

アステカ神話、麻薬戦争、レッドマーケットをからめた今風ノワール小説。
ドロドロっとしたホラー/サスペンスな荒事より、ドキュメンタリーな犯罪システム(仕組み)作りの描写多め。狂信者はこうして作られる。
個人的には最後にコシモのエピソードを入れるなら、作品のナイフが評価され「あの人はどこ?」って感じがよかったかも。

スタープレイヤー

スタープレイヤー
恒川 光太郎/著

「あなたの10の願いをかなえよう」と別世界に放り出されたら?
それなりに酷いシーンでも淡々と読むことができるのは作家の腕でしょう。